Daremosiranai Amaterasuoomikami no Iwatobiraki no Sinsou: Megami no Amaterasuoomikami sama ni kawatte donoyounisite Dansin no Amaterukami ga arawaretanoka ... ga tokareruhi siriizu) (Japanese Edition) por Narita Toru

March 31, 2020

Daremosiranai Amaterasuoomikami no Iwatobiraki no Sinsou: Megami no Amaterasuoomikami sama ni kawatte donoyounisite Dansin no Amaterukami ga arawaretanoka ... ga tokareruhi siriizu) (Japanese Edition) por Narita Toru
Titulo del libro : Daremosiranai Amaterasuoomikami no Iwatobiraki no Sinsou: Megami no Amaterasuoomikami sama ni kawatte donoyounisite Dansin no Amaterukami ga arawaretanoka ... ga tokareruhi siriizu) (Japanese Edition)
Autor : Narita Toru
Fecha de lanzamiento : November 22, 2017
Número de páginas : 142

Obtenga el libro de Daremosiranai Amaterasuoomikami no Iwatobiraki no Sinsou: Megami no Amaterasuoomikami sama ni kawatte donoyounisite Dansin no Amaterukami ga arawaretanoka ... ga tokareruhi siriizu) (Japanese Edition) de Narita Toru en formato PDF o EPUB. Puedes leer cualquier libro en línea o guardarlo en tus dispositivos. Cualquier libro está disponible para descargar sin necesidad de gastar dinero.

「聖書の封印が解かれる日」シリーズ1(2017年11月初刊)
タイトル
■誰も知らない天照大御神の岩戸開きの真相!■
 女神の天照大御神様に代わって、どのようにして男神の天照神が現われたのか?

 ◇風雲急を告げる!
 『ヨハネの黙示録』が示す「北朝鮮」の運命!
 ~天照大御神が岩戸からお出ましになられ、預言された現代を生きる~


著者:成田亨
 1995年から家族で1,500か所以上の日本各地の神社や聖地を探訪し、
祝詞を奏上する生活を続けてきました。2006年7月から、「創世記」と
は日本神話の一領域であるという説を展開しています。


<要点>
 遠い神代の昔、女神の天照大御神様が岩戸に隠れられたとき、高天原に光の特殊存在が生じてしまったため、イザナギ命とイザナミ命が男神の天照神として地上界に生みあげる事情がありました。
 岩戸に入られている女神の天照大御神様は、瀬織津姫神として変じて現れ、男神の天照神の内宮(后)となられ天之忍穂耳尊を産み、陰ながら須佐之男命の御神業のサポートに入られます。
 天之岩戸開きのここの箇所が、日本神話の急所どころであり、日本の今後の未来にあっても避けて通れない箇所です。
 天地の律法を司る天之機屋(あめのはたや)に、須佐之男命が斑駒を放り込むことの御神意を理解することが大事です。
 今後の数年に神代の昔の「天之機屋事件」の再現が現われそうです。


------------------------------------------------------
  < 目 次 >
------------------------------------------------------
第一章 覚 醒
  第1節 1995年の阪神淡路大震災と地下鉄サリン事件
  第2節 山形県米沢市の三原健一さんの霊とカナダの女性の霊
  第3節 灰色のすこし擦り切れた野良着を着た爺さん霊人の登場
  第4節 1995年6月24日に練馬区大泉町の降誕人(天使の生まれ)に対する実験
  第5節 1995年6月25日、人の一生を振り返る「鏡の間」がある
   第6節 1995年のアマテラスとスサノオ
      ~ この度の岩戸は人の心の奥底に秘められている ~
  第7節 1998年の『カタカムナ文献』と『秀真伝』
  第8節 2017年7月20日、瀬織津姫神からの要請
第二章 2016年6月23日天照大御神様の岩戸開き
  第1節 2016年6月11日、千引の岩戸開き
  第2節 2016年6月12日、素戔鳴神の岩戸開きと淡道之穂之狭別島の国開き
  第3節 2016年6月23日、天照大御神の岩戸開き
  第4節 2016年8月6日の迦具土命の復活、2016年8月17日の黄泉国開き
     第一世界の火による滅亡 ~『ホピ 宇宙からの聖書』から
  第5節 2016年10月1日、「おのころの四音」開き
     人の心とは、光と音が結びついた質量ある「隠れた光子」だ
  第6節 2017年5月14日、イスラエル建国69周年と
        淡路菰江古代ユダヤ遺跡発掘65周年の式典と祭典
第三章 天照大御神様の岩戸隠れ、光の特殊存在の発生
  第1節 宇宙論としての『古事記』の天地開闢
  第2節 伊邪那岐命と伊邪那美命の千引の岩戸閉め
   第3節 天照大御神、月読命、須佐之男命(三貴神)の誕生
  第4節 海原で哭く須佐之男命
  第5節 高天原に参内する須佐之男命
  第6節 天照大御神と須佐之男命の誓約
  第7節 須佐之男命の高天原の改革と天照大御神の岩戸隠れ
       天津罪の生剥と逆剥とは?
       天之機屋事件はなぜ必要だったか?
  第8節 天安之河原での天照大御神の岩戸開き
       岩戸の中にいる天照大御神(女神)に差し出した鏡の秘密
       八尺の勾の五百津の御須麻流の玉の秘密
第四章 光の特殊存在が天照神(男神)として登場、そして瀬織津姫神
  第1節 瀬織津姫神となって現れる天照大御神
  第2節 「光の特殊存在」を天照神(男神)として生みあげるイザナギ命とイザナミ命
  第3節 須佐之男命を高天原から追放する八百万神々
第五章 平成の次の神代に即位される神倭伊波礼比古尊
      神の粒子の探査が始まり、125.5ギガ電子ボルトに存在
      神倭伊波礼比古尊、そして救世主である「男の子」
第六章 『ヨハネの黙示録』「一つの星が落ちた」とは?
      『ヨハネの黙示録』第9章1節から12節を読まれるように」
      『ヨハネの黙示録』の構成と日本
      「一つの星」なので、天体現象か
       第四の天使のラッパ、一羽の鷲が空高く飛び「不幸だ、不幸だ、不幸だ」という
       もう一つ可能性のある7月8日を指摘します
       アメリカの北朝鮮に向けての態度は真剣です
      「北」の問題は日本にとって避けて通ることの出来ない問題らしい
      預言された時代を生きる

あとがき